12道徳教育の研究第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数34
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    道徳教育において教員にはどのような責任があると考えられるか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     道徳教育において教員にはどのような責任があると考えられるか。
     道徳教育における教師の必要性は教科の学習の必要性より重要であり、影響力が大きい。教科の学習では教材を媒介として知識を授けるため生徒たちの様々な発想を肯定的に捉えられるが、道徳教育では教師が直接自らの主観を通じて行う場合が多いため教師の考えの押し付けになる可能性も非常に高く、教師のものとは異なる生徒たちの様々な発想を否定的に捉えることもある。教師と異なる発想をどう認めてどう伝えるかが大切である。
     道徳教育では教師は生徒たちに「よく生きること」を教えなければならない。「よく生きること」とは結局のところ「よく考えること」「正しく生き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。