10教育社会学第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数30
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校にはどのような病理的問題が生じているか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校にはどのような病理的問題が生じているか。
    教室の秩序が保たれ整然と授業が進行し、子どもたちが教師の指導に従って楽しく意欲的に学習に取り組み、学校は教育の機能を円滑に、順調に遂行することが正常な基準であるとした場合、現代の学校では異常かつ病理的な現象が目立っている。それは不登校、暴力、規律無視・授業崩壊、偏差値による選別、無気力・無感動な生徒・学生の反応などである。学校をめぐるこれらの病理的な問題は、制度的レベルのものと人間的レベルのものとに分けられる。制度的レベルの病理的問題は進路に関するものと組織に関するものがある。進路に関するものとは進学に関係するもののことで、偏差値による生徒の選別と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。