児童・家庭福祉論 3単位め 最高評価取得!」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数53
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学だけでなく、社会福祉士を目指している方、福祉学科の方へオススメです。

    評価は最高の「優」


    児童・家庭福祉論 3単位め

    (課題)
    児童相談所の機能と市町村の役割
    児童・家庭福祉の相談援助活動と児童・家庭福祉制度について、とりわけ児童福祉の専門機関として位置付けられている児童相談所の機能と役割について述べよ。

    参考にしてみてください。


    こちらもどうぞ http://fukusireport.blog.fc2.com/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童・家庭福祉論 3単位め
    (課題)
    児童相談所の機能と市町村の役割
    児童・家庭福祉の相談援助活動と児童・家庭福祉制度について、とりわけ児童福祉の専門機関として位置付けられている児童相談所の機能と役割について述べよ。
    (解答)
     市町村の役割とは、一般の市町村や特別区は、保育所等の児童福祉施設が設置され、保育の実践、1歳6か月児、3歳児の健康診査等を行っている。2005年4月からは、一般的な子どもの相談窓口としての機能を担っている。平成17年4月から第一義的な児童家庭相談窓口となったところであり、単なる児童相談の初期窓口の役割を果たすだけではなく、個別事例の援助方針を関係者と決め、実際に援助を行っていく役割を果たすことが求められている。要するに、(1)相談・通告の受付、(2)受理会議(緊急受理会議)、(3)調査、(4)ケース検討会議、(5)市町村による援助、児童相談所への送致等、(6)援助内容の評価、(7)相談援助活動の終結といった、児童家庭相談におけるすべての過程において、市町村が第一義的な役割を担う。 このような援助を行うに際して有効となる、虐待を受けた子どもなど要保護児童の適切な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。