高齢者福祉論 1単位め 「最高評価取得!」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数103
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学だけでなく、社会福祉士を目指している方、福祉学科の方へオススメです。

    評価は最高の「優」

    高齢者福祉論 1単位め

    (課題)
    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」について自らの体験等に基づき、見解を述べよ。

    参考にしてみてください。

    http://fukusireport.blog.fc2.com/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者福祉論 1単位め
    (課題)
    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」について自らの体験等に基づき、見解を述べよ。
    (解答)
     まず初めに、高齢者とは何かと一概には言うことができない。なぜなら、法律や考え方によって違いがあるが、65歳以上を高齢者と定義づけていることが多い。前期高齢者・後期高齢者などと高齢者を分けることもある。このように高齢者を定義しても、皆がその通りに思うとは限らない。高齢者とは人によって考え方により変わるものであると考える。例えば、子どものときに20歳以上を立派な大人だと思っても、実際20歳になるとまだまだ子どもであると感じる人もいるだろう。このようにその人の年齢、環境、性格などにより高齢者を65歳からだと思う人もいれば、いつまでも高齢者と呼ばれたくないという人もいるであろう。
     しかし、身体面・精神面は歳を重ねると共に変化が生じる。防衛力、予備力、適応力、回復力の機能は徐々に低下する。外見も変化する。最もわかりやすい指標の一つに体重の変化がある。体重は中年で増加するが、高齢期に入ると筋肉、水分や骨量の減少により体重が減少する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。