社会福祉援助技術総論 2単位め 「最高評価取得!」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学だけでなく、社会福祉士を目指している方、福祉学科の方へオススメです。

    評価「優」

    社会福祉援助技術総論 2単位め

    (課題)ソーシャルワークの形成過程についてまとめてください。

    参考にしてみてください。

    http://fukusireport.blog.fc2.com/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術総論 2単位め
    (課題)ソーシャルワークの形成過程についてまとめてください。
    (解答)
     今現在注目されているソーシャルワークだが、これはいつどこからはじまったのか、なぜ注目されるようになっていったのか。ソーシャルワークの形成過程を述べていきたいと思う。
     ソーシャルワークが組織される以前に、社会的に弱い立場にある人たちに支援の手を差し伸べたのはキリスト教などの宗教的な価値観に突き動かされた人々であり、隣人を愛することが神を愛することにつながるという考えからであった。日本では仏教がその役割になっていた。聖徳太子は日本における救済思想の原点とされている。591年に四箇院が設置され、現在の福祉、医療施設の原型である。その後、イギリスでは社会や経済活動が変化し、資本主義が生まれて行く中で、貧富の差が生まれた。そのため貧民に対してエリザベス救貧法ができた。
     しかし、この法で救済されるのではなく、労働の義務を負わされた。1800年代には、産業革命が起こり、低賃金労働や衛生管理などさまざまな問題も生まれた。これらの問題の解決のため、新救貧法が制定された。この時代の人々は貧困の原因..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。