介護概論 1単位「最高評価取得!」

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学だけでなく、社会福祉士、介護福祉士には良いと思います。

    介護概論①

    課題)介護保険制度までの高齢者福祉制度の発展過程を踏まえ、介護保険制度の概要について整理し、その課題について自身の考えを具体的に論述しなさい。

    というものです。

    評価は最高の「優」でした。

    参考にしてみてください。

    http://fukusireport.blog.fc2.com/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護概論 1単位め
    (課題)
     介護保険制度までの高齢者福祉制度の発展過程を踏まえ、介護保険制度の概要について整理し、その課題について自身の考えを具体的に論述しなさい。
    (解答)
     第二次世界大戦後、日本で社会福祉施策が進められた。国民全体を対象とする生活保護法が成立した。戦争孤児を念頭に置いた児童福祉法、戦傷者を念頭に置いた身体障害者福祉法が出来てきたのに対し、高齢者は生活保護法の下でスタートし、養老施設へ収容するという対策が取られてきた。しかし、高度経済成長と共に寿命が延びていき、高齢期における経済的課題に対して国民年金法、医療面における対策として国民健康保険法が制定された。高齢者にも精神上、身体上の特性に起因する生活上の課題があり、それに対する支援を体系化した法の制定を求める声が高まり、1963年には老人福祉法が成立した。老人福祉法では、施設サービスとして養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームが制度として規定され、在宅の高齢者に対する福祉としては養護委託、老人家庭奉仕員派遣制度、老人クラブへの助成等があった。養護老人ホームや特別養護老人ホームは法律上は入所の条件として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。