小児看護学レポート:子どもにとっての最善の利益

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数167
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    医療系大学の小児看護学のレポートです。子どもにとっての最善の利益とは何かをレポートしています。もらった評価はAです。数年経過しているため、レポートによっては古い考えになっているものもあるかもしれません。あくまでも参考にされて、肉づけを行ってくださいね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児看護学レポート
    子どもの最善の利益とそれを行うために必要なケアについて
     子どもの権利条約の第3条は,子どもの「最善の利益」について定めている.また,参考文献,「子どもによる子どものための『子どもの権利条約』」を読んで,子どもの最善の利益が使われている条項が第3条をはじめとして,第3,9,18,20,21,37,40条にあることがわかった.今回のレポートでは広範囲の意味を持つ子どもの最善の利益を主に親やそれに代わる人との関係において,どのような利益があり,またそのために必要なケアは何かについて考えてみる.
     子どもは愛情,教育,心の成長,人間性,社会性,自立心など,つまり生存,保護,発達,参加といった包括的権利保障の基盤を親とのコミュニケーションの中で確立していくと私は考える.現在,自殺やいじめ,不登校,虐待,少年犯罪といった子どもをめぐる問題が多くみられる.子どもが今の自分の環境に満足し,生活をしていればそもそもこのような問題が起こることは少ないだろう.しかし,多発している今,その問題の多くが子どもの最善の利益を尊重していないがために起こっているのはないだろうか.最善の利益は単な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。