看護学概論レポート:看護とは何か

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数186
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護学概論

    代表キーワード

    看護看護学概論

    資料紹介

    医療系大学の看護学概論のレポートです。「看護とは何か」ナイチンゲールやヘンダーソンの書記からの記述です。もらった評価はAです。この程度でいいのです。数年経過しているため、レポートによっては古い考えになっているものもあるかもしれません。あくまでも参考にされて、肉づけを行ってくださいね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看護学概論
    看護とは何か。~より良い看護を行うために~
     看護師は保健師助産師看護師法の第5条において次のように定義されている。
    「この法律において『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診断の補助を行うことを業とする者をいう。」
    (看護学概論講義の配布資料)
    看護師という職は、日々進歩する医療に対応できる知識と技術等を身につける必要があり、また人を扱う職業であって、誰にでも出来る仕事ではない。看護とは、患者の心身の面を支え、健康を取り戻す手助けをし、患者の意向を汲み取り、よりよい環境を作り出すことだと私は考える。
    日本での看護師の地位は低いようである。看護「婦」から看護「師」に変わったことには男女の意味をなくすため、資格をもっているためなど様々な理由がある。しかし、「師」に変わることに関しては医師や薬剤師ほど技術や知識を必要とするものでもないのであるから、「師」をつける必要はないと反対している医療関係者もいるという。また、医師は医療行為を行い、看護師はその補助、患者の世話を行うだけと思っている人々が多いという点も看護師が軽視される理由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。