化学レポート「新しいエネルギーへの可能性と私たちの取り組みへの考え」①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数24
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療系大学の化学講義のレポートです。新しいエネルギーへの可能性に関して考察をしているレポートです。その①もらった評価はAです。この程度でいいのです。数年経過しているため、レポートによっては古い考えになっているものもあるかもしれません。あくまでも参考にされて、肉づけを行ってくださいね。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新しいエネルギーへの可能性と私たちの取り組み
    はじめに
    現在、地球環境問題が世界的に取り上げられている。近年では地球温暖化、オゾン層破壊、エネルギー問題などが注目されている。なかでもエネルギー問題は安全性の火力か効率性の原子力かという論争もある中、自然エネルギーを新たに開発する取り組みも行われている。また地球温暖化という点からも代替エネルギーは大いに問題解決に向かうと期待されているものである。以上のことから私は新しいエネルギーと私たちの取り組みについて調べてみようと考え、このテーマを選択した。
    方法
    文献
    新聞
    インターネット
    結果
    環境問題の根本原因は、これまで先進国が経済発展を優先してきたことにある。たくさんの商品が店に並んで、自由にどれを買ってもよいという経済的豊かな状態を私たちは理想としてきた。そのために大量の資源を使って物を作り、買ったものを使った後は大量に廃棄する。このようなことを続けた結果、天然資源の限界量が明らかになり、森林破壊や海洋汚染が起こり、さらに物を廃棄し燃やすことで、二酸化炭素が発生し、温暖化を招いた。つまり、「大量収奪―大量生産―大量消費―大量廃棄」という一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。