導尿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    基礎看護学のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    導尿の目的を述べよ。
    尿の生成過程に異常がないにもかかわらず尿が排泄されない場合には、膀胱内に多量に蓄尿され、身体的・精神的な苦痛を伴うため、人為的に排尿させる必要が生じる。
    一時的導尿
    ・尿閉に伴う苦痛を軽減すること
    ・細菌学的検査に必要な検体(尿)を採取すること
    ②持続的導尿
    ・一時的導尿を繰り返すことによる身体的、精神的苦痛の軽減
    ・尿の生成状態を継時的に把握すること
    ・膀胱の安静を保つこと
    導尿の実施上の注意事項をあげ。その根拠を述べよ。
    実施上の注意事項
    根拠
    導尿は滅菌手袋を使用し、無菌操作で行う。
    ・カテーテル挿入の際に尿道口周囲をより広く清潔な状態にすることができ、カテーテルを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。