疼痛とは・フェンタニル・インドメタシンの作用・副作用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数46
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    基礎看護学のレポートでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    疼痛と疼痛の作用・評価
    フェンタニル・インドメタシンの作用・副作用
    疼痛:痛み、ずきずき痛むこと
    国際疼痛学会の定義:「組織の実質的あるいは潜在的な傷害に結びつくか、このような傷害を表す言葉を使って述べられる不快な感覚、情動体験」
    痛みの役割: 痛みを感じることで、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づくこと。
    ⇒外的刺激から危険を察知し、身体を守る(防御反応)
    ⇒身体に異常があることを知らせる(警告・危険信号)
    痛みのメカニズム:受容器が刺激を受けることで脊髄→脳へと信号が送られ、痛みが起こる。
    痛みの分類
    持続時間による分類
    原因による分類
    急性疼痛:急激に発生し、短期間に消失する痛み
    侵害受容性疼痛:炎症や外傷などの刺激により起こる痛み
    慢性疼痛:長く続く痛み.
    神経障害性疼痛:神経が傷つくことにより起こる痛み(外見上炎症や創傷はない)
    ニューロパシックペインとも言う
    心因性疼痛:心理的な要因により起こる痛み.
    ※心因性疼痛・・・アメリカ精神医学会の疾病分類では、「心因性疼痛」は、「器質的病変がなく、痛みの原因のすべてが心理的な要因である場合」と、「痛みの原因に器質的病..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。