東日本大震災を経験して成人期の発達課題から考えること 心身面・社会的側面から

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数92
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北某大学での成人看護に関する課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ:東日本大震災を経験して成人期の発達課題から考えること 心身面・社会的側面から
    内容:2ページ(1,777文字)
     東日本大震災の被害を受け、成人期の発達課題についてまず私が考えたことは、成人の被災者、特に生まれ育った家庭を抜け、新たな家族の中で生活を送る成人期にある人々に生じた課題についてだった。
     これは震災の直後、津波の被害を受けた沿岸地域で奇跡的に再会を果たした若い夫婦の映像を見たことに起因している。この映像の夫婦はお互い抱き合い、涙を流して言葉もなく喜びあっていた。しかし私はこの再会を陰ながら喜びつつもこの夫婦が特別な存在だと思わずにはいられなかった。この日のニュースではこのように感動的な再会や生存を喜び合う映像が目立ったが、日々報道されていく死亡者や行方不明者の数がかつてない規模であることも同時に放送されていたのである。では、この夫婦とは逆に新たに得た家族の行方や安否がわからない成人期にある人々はどのような心境にあり、どのような課題を抱えているのであろうか。また、停止を余儀なくされた発達課題があるのではないか。私のこのニュースを観た正直な感想は上記のようなものであった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。