【明星大学】宗教学概論_合格レポート(1,2単位セット)2014~

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数82
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 社会科
    宗教学概論 1,2単位目合格レポート 2014年度~

    1単位目と2単位目のセットです。
    それぞれのレポートの講評やポイントは、1単位分ずつアップロードしているほうの資料紹介のページに記載してあります。

    ・1単位目
    http://www.happycampus.co.jp/docs/936015621638@hc16/130152/

    ・2単位目
    http://www.happycampus.co.jp/docs/936015621638@hc16/130153/

    以上、ご参考までによろしくお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    宗教学概論_単位 1,2
    1
    単位 1
    【 1、設問 】
    「祈り」「儀礼」「祭り」「修行」といった宗教的行為の中から、関心あるものを一つ選んで、
    その意味・構造・機能を宗教学の立場から説明せよ。
    【 2、本文 】
    「祈り」について説明する。宗教は、人類の誕生とともに生まれたと考えられており、
    以後、どの時代、どの地域、どの民族、どの社会においても常に存在した。その中で「祈
    り」はどのような宗教でも普遍的に行われる宗教行為であり、また宗教を意識することな
    くごく一般的にも行われる宗教行為である。世界の中でも宗教に対する関心が低いとされ
    る日本人も、初詣では神社に参拝してその年の幸運を祈願し、受験や病気といった大きな
    出来事があったときには無意識に祈りを捧げてしまう。宗教のみならず、我々の日常生活
    に深い関わりがある祈りという行為について、その意味・構造・機能の観点から論じる。
    祈りとは、人間が神や霊的なものと交流するために行う儀式の一つで、もっとも一般的
    普遍的な宗教行為とされる。祈りという現象に対して最も重要な研究を行ったのはフリー
    ドリッヒ・ハイラーであり、祈りを諸宗教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。