佛教大学 教科教育法国語1 第2設題A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数108
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の教科教育法国語1第2設題 A評価レポートです。「以下2つの内容を含むレポートを作成しなさい。(1)中学校あるいは高等学校の教科書教材を一つ取り上げ、単元の指導計画(「教材名』「目標」「各時間の展開」)を構想すること。(2)自身が構想した単元の指導計画の特徴や指導の際の留意点について、テキストの内容と関連付けながら解説すること。」課題図書のみで作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     以下の2つの内容を含むリポートを作成しなさい。
     (1)中学校あるいは高等学校の教科書教材を一つ取り上げ、単元の指導計画(「教材名」「目標」「各時間の展開」)を構想すること。
     (2)自身が構想した単元の指導計画の特徴や指導の際の留意点について、テキストの内容と関連付けながら解説すること。
     
    1.教材について
     「タオル」(重松清)は、平成28年度版中学校国語教科書(教育出版)に収載されている教材である。今回の教科書改訂により導入された新教材だ。この作品は、2007年に出版された「はじめての文学」のなかの1作品である。この作品のあらましは、以下の通りである。
     主人公の少年は、祖父が脳溢血で亡くなった日から、自分の居場所を見つけられず、祖父を失った悲しさを実感できずにいる。通夜の日、東京から来た記者のシライさんから祖父を取材したときの写真や祖父の年賀状を見せてもらい、少年は少しずつ悲しさを感じ始める。少年が庭で祖父のタオルを見ていたとき、父とシライさんが来た。漁に出るときはいつも額にタオルを巻いていた祖父と同じように、少年はそのタオルを額に巻き、シライさんに写真を撮ってもらった。祖..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。