佛教大学 教育相談の研究 第1設題A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数112
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の教育相談の研究(中・高)第1設題「学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい」A評価レポートです。課題図書のみで作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     カウンセリングの必要な人は、少なからず心理的な悩みをもつ人である。この悩みに応えること、つまり相談にのることがカウンセリングの基本である。では、カウンセリングにおける悩みとは、いったいどんなものであろう。
    大別すると3つの悩みになるのだが、一つに人生において誰もがもつ悩み、進学や就職、恋愛、結婚・出産・育児などをさす。こういった悩みの場合、進路などはキャリア・カウンセリング、恋愛や結婚はピアー・カウンセリング、出産や育児であればパラ・カウンセリングによって対応する。しかし、その悩みの背景に強い心理的葛藤や成熟不全がある場合、専門家によるカウンセリングが望ましい。2つ目に、誰もがもつ可能性のある悩み、親子関係や友人関係といった人間関係にかかわる悩みがある。このとき、軽い悩みであれば身近な人が相談にのることで好転することも多いが、深刻であれば専門家によるカウンセリングが必要となる。最後に、不安や無力感、脅迫感など神経症(ノイローゼ)による悩みがある。これは、本人が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。