佛教大学 教育原論1 第1設題A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数118
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の教育原論1第1設題「ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ」A評価レポートです。課題図書のみで作成しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ。
    ソクラテスの教育学的意義を述べるうえで、まず彼の教育観について確認していきたい。ソクラテスの教育観を考えるには、以下の4つのキーワードが重要になる。それは、「魂への配慮」「無知の知」「真の知」「対話」である。ここから、この4つのキーワードについてそれぞれ見ていくことにする。
     一つ目のキーワードである「魂への配慮」を考えるには、まず当時のアテナイの現状について触れる必要がある。当時のアテナイでは、ソフィストと呼ばれる職業教師が活躍していた。彼らは青年たちに知識や弁論術を教えることを生業としていた。三木清によると、「ソフィストは彼の職業のために遍歴の生活をした。人の目に立つ服装をして多くの人々を従へて現はれるのを常とした。この有名な人間を見または聴くために人々は集まつた。彼は華麗な言葉で、一般的な関心のある問題について、聴講料をとつて、彼の技術を開陳した。」「彼等はまたその理論的並びに技術的学問の研究に自分で或る程度従事した。ソフィストはあらゆることについて語り得なければならず、従つて彼はあらゆることを知つてゐなければならぬ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。