教職実践演習2単位目

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数250
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教職実践演習の2単位目の合格レポートです。
    課題に対して自分の経験を中心に論述していきました。
    1回目で合格をもらうことができました。
    みなさまの参考になれば幸いです。

    課題
    1.『子どもの情況把握と理解に立つ生徒指導及び学級経営の在り方について、教育実習・保育実習等での体験を踏まえ具体的に論じなさい』
    2.『学習指導あるいは保育における柔軟な実践力と教師の権威・責任について、あなたの考えを述べなさい』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子供の情況把握と理解に立つ生徒指導及び学級経営の在り方について論じなさい
      子供の情況把握と理解に立つ生徒指導及び学級経営の在り方において、私は生徒の特徴を理解し信頼関係を築くことができる指導が最も重要であると考えている。
    一口に生徒と言っても人により様々な生活背景や特徴を持っている。問題行動に対する指導において、強い口調で指導した方が効果があるのか、あるいは冷静な口調で指導した方がよいのか生徒によって様々である。教育実習時に生徒指導を行うとき、指導教諭から生徒の心に響くような指導を心がけるよう指導して頂いた。問題行動に対して実際に指導教諭が生徒を指導している姿を見たとき、クラスのムードメーカー的存在には熱く強い口調で指導し、比較的真面目な生徒には語りかけるような口調で冷静に指導されていた。学習指導においても生徒の特徴を理解したうえで指導していかなくてはならない。質問に来た生徒に対し私が指導したとき、現在授業で学習している内容より前の段階で内容が理解できていなかった。また、教科書の言葉の表現が理解できていないという生徒も多く見られた。そのため、生徒がどこで何につまずいているのか理解す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。