中央大学 通信教育部 保険理論 第2課題 うつ病にならないための方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数134
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中央大学通信教育2016年度の第二課題です。
    評価はBでした。
    参考資料として使用していただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     うつ病とは、今日の日本においても増加傾向にあり、生活のなかで思い当たる原因がないのに強いゆううつ感のために、普段通りの生活を送ることが困難になる状態のことである。うつ病の症状は類似しているが、基本的に発症要因や経過等が異なることが多く、同一疾患ではなく症候群と考えられている。躁状態とうつ状態が繰り返す躁うつ病と単極性のうつ病とに大別できる。また、症状にも分類することができ「精神症状」と「身体症状」があり、内にある精神的なものが外部に現れることがある。
    症状
    精神症状の典型的な症状は感情、意欲、思考、覚醒の4つに現れる。第一に感情は、ゆううつ感、不安感、悲哀感、苦闘感や生きることが苦しいので死にたいといったことを思うことなどがあげられる。第二に意欲は、意欲減退、無気力、おっくう感、何もやる気がしないことや趣味などにもやる気が起きないことがあげられる。第三に思考では、なにをしても面白くない、精神活動が静止することによって考えがまとまらない、集中力がなくなる、決断力や判断力が低下する、反応が遅くなるといったことがあげられる。また、時には妄想などが現れることがある。第四に覚醒は、覚醒水準の向..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。