【日大通信】29年度合格 イギリス文学史Ⅱ 分冊1 課題①【最新版】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数200
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成29~30年度レポート課題(最新版) イギリス文学史Ⅱ 合格レポートです。
    ※報告課題は選択式です。お間違えのないようご注意ください。

    報告課題
    選択① ロマン主義とはどのような時代かを説明し、かつ代表的な詩人を5名挙げてその特質を説明しなさい。

    ※本レポートはカンニング行為等を助長するものではありません。丸写しでの提出などはご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 イギリス文学史Ⅱ 分冊1 報告課題
    選択課題①
    ロマン主義とはどのような時代かを説明し、かつ代表的な詩人を5名挙げてその特質を説明しなさい。
    18世紀の前半はホープ(Alexander Pope, 1688-1744)に代表されるように良識や理性、均斉を重んじる古典主義の時代であった。それに続く18世紀から19世紀にかけてのロマン主義は、それまでの古典主義とは対照的に、感受性や主観に重きをおいた文化・芸術運動である。
    ロマン主義は文学の単なる手法的・語法的特徴であるだけでなく、広く思想的特徴をも含んでいる。ロマン主義においてはそれまでの教条主義によって抑圧されてきた個人の根本的独自性を開放して、感情・自我を絶対視する。そのためこの思想は、ヨーロッパにおける自由独立の精神の発露であると見ることができ、それはまた後のフランス革命、産業革命への原動力となった。
    上記の通り、ロマン主義は古典の重圧から解放された自由や自然、神秘の世界に憧れるものであった。これによりイギリス国内では自然主義に根ざした自然文学が起こり、風景への興味を喚起した。絵画においては風景画が発達し、文字に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。