佛教大学 2017年 Z1117 教育方法学 A判定 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数236
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の教育方法学1(Z1117)、第1設題のリポートです。
    2017年1月にA判定をいただいております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を
    基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の
    視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    知識伝達を重視した授業と主体的な学習を基本とする授業を授業方法、学習内容、評価の3つの視点から考え、それぞれにおいて比較することでそれぞれの良さを引き出し、いかにして授業を良いものとしていけるかについて考えていく。
    1、授業方法について
    知識伝達型の授業においては、いかに効率良く生徒に授業を受けさせてあげられるかどうかということが大きな課題となる。一斉授業をするにあたって例えばチームティーチングを利用し、教師同士やまたALTなどとうまく連携することで、普段の教師1人の授業とは違うことでそれが良い刺激となり、生徒のやる気上昇につながっていくことができれば良い。また少人数制や習熟度別の授業も効果的であるといえる。同学年の生徒といっても能力や分からないことは人それぞれ違うため、時には少人数制の授業にすることで生徒が質問しやすい環境を作ってあげることは、恥ずかしがり屋の生徒にとってはありがたいことである。習熟..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。