工業経済論(分冊1)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成27・28年度 工業経済論・分冊1
     (平成29・30年度も同じ課題内容です。)

    【課題内容】
    イギリスにおける産業革命の展開について説明しなさい。

    <ポイント>
    産業革命については諸説あり、それぞれに有力な学習の教材ですが、通説と思われる「教材」(このテキスト)の第2章を丁寧に読むことです。産業革命の前提となったできごと、イギリスの綿工業における技術の発達、工業の経営形態の工業制度の確立、産業資本の確立に注意して学習します。

    <キーワード>
    イギリスの農業革命、市民革命、綿工業、工場制度、産業資本

    <使用参考文献>
    『イギリスにおける労働階級の状態(上)』 1990年2月16日 フリードリヒ・エンゲルス(岩波文庫)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成27・28年度 工業経済論・分冊1
     (平成29・30年度も同じ課題内容です。)
    【課題内容】
    イギリスにおける産業革命の展開について説明しなさい。
    <ポイント>
    産業革命については諸説あり、それぞれに有力な学習の教材ですが、通説と思われる「教材」(このテキスト)の第2章を丁寧に読むことです。産業革命の前提となったできごと、イギリスの綿工業における技術の発達、工業の経営形態の工業制度の確立、産業資本の確立に注意して学習します。
    <キーワード>
    イギリスの農業革命、市民革命、綿工業、工場制度、産業資本
    <使用参考文献>
    『イギリスにおける労働階級の状態(上)』 フリードリヒ・エンゲルス(岩波文庫)
                                    1990年2月16日  産業革命とは、18世紀中頃から19世紀初頭におこった、イギリスに始まる蒸気機関の開発とこれを利用した機械制大工業や技術革新と、それに伴う社会構造の変革のことである。
     イギリス産業革命の原動力となったもののうち、もっとも重要なものは綿工業における技術革新である。技術革新の発端となったのは、1733年にジ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。