聖徳:学校臨床心理学課題4 2017・2018年対応

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数60
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価。ほぼ1200字。臨床心理士の学校、教師との連携野あり方について事例を挙げて説明するレポート。ポイントを絞り端的に説明されている、との講評。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    第四課題 A評価
    学校及び教師との連携のあり方について、実際の事例を挙げて説明せよ。
    スクールカウンセラーにとって学校の教師は一番の協働相手であり、彼らとの連
    携なしにはスクールカウンセラーとしての役割は果たせない。教師のスクールカウ
    ンセラーに対する期待や意見からスクールカウンセラーの在り方について述べる。
    まず、学校においては、教師とカウンセラーが相互に交流するために、彼らを繋
    ぐ活動をする人物が必要かつ重要である。その繋ぎ役としては、教育相談担当者な
    どが挙げられる。繋ぎ役に対する具体的な期待として、以下の 5 点が挙げられる。
    ①スクールカウンセラーの治療構造について理解し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。