聖徳:学校臨床心理学課題2 2017・2018年対応

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価。1300字。学校臨床における見立て、アセスメントとは何か、留意する点は何かについてのレポート。ポイントが押さえられた良いレポートと講評。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    第二課題 A評価
    学校臨床における「見立て」「アセスメント」とは何か、どのような点に留意したらよいか。
    学校教育における「見立てとアセスメント」とは、子どもの成長を促し潜在的可能性を引き出
    すためのものである。そして、学校において誰がどう関わるかと言う課題に取り組むために、支
    援に役立つ情報を集め、子どもを理解する作業を行うことである。「見立て」「アセスメント」そ
    れぞれについて留意点と共に述べる。
    まず「見立て」とは、生徒の問題を生徒と共に理解し、より効果的な援助方針を立てるための
    最初の判断を示す言葉である。そして、生徒の問題を多元的に理解し、過程全体についての見通
    しを持ち、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。