[日大通信]イギリス文学Ⅰ_MA最終試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数137
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イギリス文学Ⅰ メディアスクーリング(MA)の最終試験レポートです。A評価をいただけました。
    参考になれば幸いです。自己責任の範囲でのご使用をお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4.シェイクスピアの全作品を何期かに分け、それぞれの特徴を述べなさい。
    ここではWilliam Shakespeareの作品を5期に分けてそれぞれの特徴を述べる。
    Shakespeareの作品は第1期(1590-1593)、第2期(1594-1596)、第3期(1597-1600)、そして円熟期となる第4期(1601-1608)、第5期(1608-12)に分けることができる。
    第1期の作品としては、Henry VI, three parts(ヘンリー四世 1部、2部、3部), Titus Adronicus(タイタス・アンドロニカス), Love’s Labour’s Lost(恋の骨折り損), Two Gentlemen of Verona(ベローナの2紳士), The Comedy of Errors(間違いの喜劇)があげられる。これは、初めて劇に取り組み始めた作家が試行錯誤するいわゆる修業時代、習作の時代といえる。
    第2期ではKing John(ジョン王), The Taming of the Shrew(じゃじゃ馬ならし), Richard III(リチャード三世), Rome..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。