[日大通信]アメリカ文学史(分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数99
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部 文理学部 文学専攻 英文学「アメリカ文学史」分冊1の合格レポートです。
    前半は、テキスト第6章の概要、後半はホイットマン&トウェイン作品の感想文です。
    特に訂正もなく良い評価をいただいております、参考になれば幸いです。
    自己責任の範囲でのご使用をお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ文学史 分冊1
     教材6章The Civil War and the “Gilded Age”の概要をレポート前半でまとめる。Whitmanの詩(一遍。詩のタイトルを明記すること。邦訳可)およびTwainの作品(短編も可)を読み(邦訳可)、解説ではなく実際に読んだ作品感想をレポート後半でまとめる。1900時書くことが望ましい。
    ~以下レポート内容~
     CHAPTER6 The Civil War and the “Gilded Age” は、南北戦争の時代における文学について記されている。
     WALT WHITMAはこの時代を代表する詩人の一人である。彼の描く自由詩は当時では斬新で、これによりヨーロッパの伝統的な形式から離れアメリカ的な詩形を生み出したという意味においては自由詩の可能性を開いた人物といえる。今でこそ彼の作品はアメリカ文学の一つとして受け入れられているが、当時は性的な記述や粗野さが批評家や読者から受け入れられなかった。彼の著作の一つ『Leaves of Grass』は南北戦争の直前1855年に出版され、彼が生涯書き続けた作品である。日常の中で関心を持ったあらゆるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。