PA1010 「教育学入門」 合格レポート 1、2単位目セット 2015年度~

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数40
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育学PA1010明星合格

    代表キーワード

    明星大学PA1010教育学

    資料紹介

    明星大学通信教育、教育学入門の合格レポートです。
    参考になれば幸いです。

    課題(1単位目)
    1:人格と教育愛について、人間の成長・発達と関連して論じなさい。
    2:経験を重視したカリキュラムの発展と教育改革の関連について論じなさい。
    課題(2単位目)
    1:学力問題と教育評価について論じなさい。
    2:教育問題と道徳教育における困難性について、教育学研究の方法と関連して論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     (1単位目)
    1.人格と教育愛について
     人格とは、性格とほぼ同義で個人の統一的、持続的な特性の総体を表す言葉である。ここでは、人格=性格として考える。人間の性格は、大きく分けて2つの要因によって決定される。1つめは、遺伝などの生まれ持ったもの。2つめは、育った場所、出会った人などの環境によるものである。教員が関わることの出来るのは、後者であるため、本レポートでは後者の、環境による性格の形成について考える。性格が道徳的であるか否かについては、付き合う人、育った環境が大きく関わる。特に子どもに対する愛が大きいか小さいかは大きな要因である。しかしそれは、ただ単に子どもに愛情が注がれたかではなく、子供を善くしようとする愛情である教育愛をもって愛情が注がれたかが大切である。教育愛は、子供を善くしようとする愛情であるため、教育愛を適切に注ぐためには子どもの成長について理解し、それに合わせることが必要になる。
     幼児期の子どもは、衝動的欲求を主張するだけであり、そこに他者や社会規範との調和をするための自己統制を教える必要がある。しかし、愛するとは、他者を認め、受け入れることであり、子どもに教育愛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。