【2016・2017年度】佛教大学 S0536 人権(同和)教育 科目最終試験 6題→2題に集約! 合格済み 80点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数539
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【合格済み80点】S0536 人権(同和)教育 科目最終試験対策 6題を2題に集約!

    1.50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    2.同和(部落)問題について論ぜよ。
    3.戦後の同和教育史を中心に同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    4.国際人権教育の定義にふれながら人権(同和)教育のあり方について論ぜよ。
    5.学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    6.人権教育と同和教育の関連について論ぜよ。

    ※「1,2、3」「4、5、6」で纏めて、2題に集約していますので、非常に効率的に試験対策ができると思います!

    要点・キーワードを確実に記述しています。

    佛大のレポート作成講座にて説明があったポイントを確実に押さえております。(序論・本論・結論など)
    ※キーワードを記載していたとしても、論文形式で構成されていなければ、合格は難しいため。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    2017年度版シラバスと2016年度版シラバスの内容に差異は無いため、上記のテスト問題がそのまま使用されると思われますので、参考資料としてご購入頂ければ、学習時間がかなり短縮されるはずです!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
    2.同和(部落)問題について論ぜよ。
    3.戦後の同和教育史を中心に同和教育のあゆみと意義について論ぜよ。
     同和教育とは「同和問題を解決するための教育の営みの総称」のことであるが、部落差別により就労が困難となったことによる「貧困」、それに伴う「劣悪な住環境」の結果として子どもたちに十分な教育を受けさせることが出来ないという問題があった。ではこのような問題を解決するために、戦後どのような取組がされてきたのだろうか。
    これらの問題を解決するために、「同和地区の子どもたちの教育権を保障すること」を目指し、「就学保障」「進路保障」「学力保障」が戦後行われた。
    就学保障とは、同和地区児童・生徒の就学率の低さを解決しようとするものであった。「オールロマンス事件」の糾弾要綱「差別は市政の中に」では同和地区児童・生徒の不就学児童を無くす対策を即時たてることが同和教育行政における最重要課題とされ、「生活困窮家庭への学用品無料支給・学校給食の無料化」などの要求が京都市に対して行われた。これをうけて京都市は戦後初めてとなる同和教育費を予算として計..

    コメント1件

    hanshin1 購入
    資料はよくまとめられていてすごく参考になりますが、試験問題【宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社」について論じること】については記載されていません。なので、S0536の対策としては少し足りないと思います。
    10/07 16:31 (2週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。