S0101 教育原論 レポート A評価【佛教大学】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数126
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2018年度現在、最新の設題に対応しています。

    テキストを中心にまとめ、A評価で合格済みです。

    「学習の要点についてきちんと論じられており、秀逸なレポートと判断できる。当該設題にきちんと答えたものとなっている。」との所見をいただきました。

    レポート作成の一助として活用していただけたら幸いです。

    ※注意事項※
    ダウンロードしたレポートをコピペなどしてそのまま提出することは絶対にお止めください。
    酷似レポートとして判断された場合、D評価(不可)となり、レポート作成の経緯などが厳しく問われるそうです。
    あくまで1つの合格レポートとして捉え、参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)を考察せよ。
    1.ペスタロッチーの教育観
    ペスタロッチーは、子どもには将来発展する素質があらかじめ備わっており、この素質
    が子どもの内から発展するように助成することが教育であると考えており、古い教育観に
    反対している。また、子どもは生まれながらには未だ動物的であると捉え、この動物的衝
    動を根絶することが教育であるとも考えている。真への認識・美の感情・善の力など、い
    わゆる人としての成長過程において欠かせないもの全てを、子どもは生まれながらにして
    有しているのである。そして、教育者はそれを子ども自身が自ら実現していくことを援助
    するのに専念しなければならない。この「子どもが自ら実現していくこと」は非常に大事
    な観点であり、教育者によって子どもに生来備わっていないものを植え付けられることは
    ふさわしくないのである。ペスタロッチーはこの教育観を「有機的・発生的」と呼び、子
    どもの内的素質を重視するという点で「有機的」であり、また自発的な成長を促している
    点で「発生的」であるとし、ジョン・ロックのようなタブラ・ラサ(精神白紙説)とは大
    きく異なる教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。