2017年度 S0642 解析学概論 佛教大学 設題1【A評価】 設題2【A評価】

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,049
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0642 解析学概論 リポート 設題1 設題2
    解答例です。
    どちらも【A評価】です。
    私の友達に、提出済みのレポートを参考にレポートを作成したところ4人A評価でした。

    数学は答えが一つしかないですが、そのまま写すのはご遠慮願います。
    ・答え合わせ
    ・答えまでのプロセス
    ・説明方法
    など、参考にしていただければなと思います。


    【以下余談】
    先生の話によると…
    現在担当のK先生は2017年度からなんですが
    忙しくて試験問題&リポート問題を昨年のそのまま使用した。
    と、おっしゃっていました。

    おそらく2018年度も変更されないのでは?と思っています。
    →2017年12月現在

    念のため、2018年度のシラバスが変わっていないかどうか、確認します。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題1】
    問題1、一般項が次で与えられる数列の収束・発散を求めよ。
    (1)
    1+(-1)^n
    【解答】
    n=奇数の時、0となり
    n=偶数の時、2となり
    nをどんなに大きくしても1+(-1)^nは1つの値に近づかない。
    つまり、極限値は存在しない。
    (2)
    【解答】
    n→∞とすると
    =2
    (3)
    【解答】
    n→∞にすると
    問題2、f(x)=x^nとおく。また、gを0を含む開区間でn回微分可能で、g(0)=1を満たす自然数である。この時、次の問いに答えよ。
    (1)関数fの第k次導関数f^(k)(x)を求めよ。
    ただし、1≦k≦nを満たす自然数である。
    【解答】
    これを微分していくと
    となり、以下..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。