初等教育課程論 1.2単位目 セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数460
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部、初等教育課程論1.2単位目の合格を頂いているレポートです。
    セット販売のため、単位別に購入頂くよりもお買い得になっております。
    ぜひ学習の参考にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育学部
    科目コード:PB2100
    科目名:初等教育課程論 1単位目
    明星大学通信教育学部、初等教育課程論1単位目のレポート課題です。
    このレポートは「合格」の評価を頂いております。
    少しでも皆様のお力になれましたら幸いです。
    ぜひご活用ください
    【課題】
    1.教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。
    2.『小学校学習指導要領』の7回の改訂を取り上げ、それぞれの改訂で示された教育課程の特養についてまとめてください。
    【教科書・参考文献】
    明星大学出版部『現代初等教育課程入門』青木秀雄 編
    文部科学省『小学校学習指導要領』
    本文(2226文字)
    1.まず、教育課程とはどのようなものであるかを確認する。教育課程とは、学校の教育活動についての基本となる計画のことである。また、文部科学省によれば、教育課程とは、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育課程である」としている。上記のように教育課程を捉えた場合、教育課程の編成には、①学校の教育目標..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。