W0782 権利擁護と成年後見制度論 科目最終試験

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数88
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    w0782 権利擁護と成年後見制度論

    科目最終試験のまとめ。
    レポート評価A、試験95点。


    テキストに即して900字前後でまとめた答案6題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①行政による違法または不当な処分に対する法的救済について説明しなさい。
    ②法定後見制度と日常生活自立支援事業の異同について説明しなさい。
    ③法定後見制度と任意後見制度の異同について説明しなさい。
    ④介護施設内で利用者が負傷した場合における被害者側のなしうる法的主張について論じなさい。
    ⑤市民後見人が求められる社会的背景、市民後見人の特徴と果たすべき役割について述べなさい。
    ⑥市町村長申立を検討すべき場合の社会福祉士の関与のあり方について論じなさい。
    ①行政による違法または不当な処分に対する法的救済について説明しなさい。
    行政主体が違法に、私人の権利や利益を侵害した場合、三権分立の原理に基づき、司法による救済が認められなければならない。行政不服審査は不当な処分に対しても申し立てることができるが、行政事件訴訟は違法な侵害に制限される。行政事件訴訟は司法が行政上の争いを裁く制度であるのに対し、行政不服申立制度は、行政上の争いを行政が裁く制度である。前者は行政事件訴訟法、後者は行政不服審査法に基づく。また、いずれの法的救済によっても是正することができない場合は、国または地方公共団体に損害賠償を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。