W0782 権利擁護と成年後見制度論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数12
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    提出済みレポートは全てA評価です。

    「Aさん(79歳男性)は、一人暮らしで親族はいません。最近認知症を患い、悪質商法の被害にも遭っています。そこで、社会福祉士であるあなたが中心となって、Aさんが成年後見制を利用できるよう、関係者と協力しながら支援していくことになりました。
    Aさんが成年後見制度を利用できるようになるまでの支援としてあなたは何をすればよいか、その手続きと支援の具体的方法、関係者との連携について説明してください。」

    はじめに
    成年後見制度の基本理念は、自己決定と本人保護の調和であり、この理念を成年後見人が行う事務の内容面から具現化したのが身上監護である。しかし、成年後見人の権限は法律行為と付随する事実行為に限られた範囲のものであり、多様な生活課題を成年後見人が一人で解決することは困難であり、様々な関係機関との連携が必要不可欠である。
    そこで、社会福祉士は利用者の1番近くにいる福祉の専門職として、利用者の抱える課題に関わり、個々のニーズに対応する為、権利擁護制度や関係機関や専門職へと繋げる役割がある。
    このリポートにおいては、Aさんが成年後見制度を利用するにあたり、社会福祉士として、関係機関との連携を図り、Aさんが地域にて安心して在宅生活を継続する為のネットワーク構築を考えたい。利用しうる制度の手続きと具体的方法、関係者との連携をAさんに必要な支援と関連づけて説明する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「Aさん(79歳男性)は、一人暮らしで親族はいません。最近認知症を患い、悪質商法の被害にも遭っています。そこで、社会福祉士であるあなたが中心となって、Aさんが成年後見制を利用できるよう、関係者と協力しながら支援していくことになりました。
    Aさんが成年後見制度を利用できるようになるまでの支援としてあなたは何をすればよいか、その手続きと支援の具体的方法、関係者との連携について説明してください。」
    はじめに
    成年後見制度の基本理念は、自己決定と本人保護の調和であり、この理念を成年後見人が行う事務の内容面から具現化したのが身上監護である。しかし、成年後見人の権限は法律行為と付随する事実行為に限られた範囲のものであり、多様な生活課題を成年後見人が一人で解決することは困難であり、様々な関係機関との連携が必要不可欠である。
    そこで、社会福祉士は利用者の1番近くにいる福祉の専門職として、利用者の抱える課題に関わり、個々のニーズに対応する為、権利擁護制度や関係機関や専門職へと繋げる役割がある。
    このリポートにおいては、Aさんが成年後見制度を利用するにあたり、社会福祉士として、関係機関との連携を図り、Aさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。