Z1001 日本国憲法  第1設題  A判定合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1001 日本国憲法  第1設題  A判定合格済みレポートです。
    レポート作成の参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001 日本国憲法
    第一設題:法の下の平等について
     日本国憲法における「憲法」という言葉には、いろいろな意味が含まれている。最も一般的には、国法のうちで国家の基本的な体制や根本の秩序を定める法規範全体を憲法という。憲法の代表的な条約の一つが、第三章である。そこには「国民の権利及び義務」について書かれており、国民の権利と自由、人権を保障する内容である。憲法成立の歴史を理解した上で、憲法における法の下の平等について考えるにあたり、憲法第三章一四条の具体的内容に焦点を当て、自由と平等、平等権の具体的内容、実質的平等や合理的差別、また、憲法の違憲審査など、憲法が保障する平等について論述していきたい。
     近代では立憲主義の内容を含まない憲法は憲法ではないという見方が強くなってきており、立憲的意味の憲法として今までの君主制を否定し、法によって規制されているという思想を持っている。国や社会情勢などで少しの差異は否めないとしても、原則として国民の政治参加・権力の分立・基本権の保障、この三つが保障されていて初めて近代憲法と呼ぶことができる。憲法第三章には、国民が持つ権利及び義務について明記されてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。