【東京福祉大学】7990 保育表現技術演習 評価A 2018

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【設題1】保育者が総合的な表現を身につけるためには日常的にどんな事に心がけたらよいのか述べなさい。

    保育者は子どもにとって「良いモデル」になることによって、子どもの表現力が向上する。この子どもの表現力が向上することとは、保育者は、模範的態度で保育することにより、目的や意図を達成することができるからである。それゆえに、保育者は子どもから常に見られているという認識を持たなければならない。例えば、正しい生活習慣の習得である。正しい生活習慣の習得とは、掃除、歩く姿勢、食事のマナー、話し方を身に付けていることである。あいさつ一つにしても、親しみをもって常日頃から実行しなければならならない。
    なぜならば、幼児期の子どもは、模倣性が高く、その中から生活態度を学んでいくからである。そこで保育者は幼児と過ごす中で、美しいものや自然の中から発見することへの喜びを促す態度をし、素直に感じ、考え、伝えなければいけないことを、身体全体から発する言葉にする必要がある。本レポートでは、保育者が総合的な表現を身につけるためには日常的にどんな事に心がけたらよいのか述べる。
     保育者自身の感性を磨くためには、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題1】保育者が総合的な表現を身につけるためには日常的にどんな事に心がけたらよいの
    か述べなさい。
    保育者は子どもにとって「良いモデル」になることによって、子どもの表現力が向上する。
    この子どもの表現力が向上することとは、保育者は、模範的態度で保育することにより、目的
    や意図を達成することができるからである。それゆえに、保育者は子どもから常に見られてい
    るという認識を持たなければならない。例えば、正しい生活習慣の習得である。正しい生活習
    慣の習得とは、掃除、歩く姿勢、食事のマナー、話し方を身に付けていることである。あいさ
    つ一つにしても、親しみをもって常日頃から実行しなければならならない。
    なぜならば、幼児期の子どもは、模倣性が高く、その中から生活態度を学んでいくからであ
    る。そこで保育者は幼児と過ごす中で、美しいものや自然の中から発見することへの喜びを促
    す態度をし、素直に感じ、考え、伝えなければいけないことを、身体全体から発する言葉にす
    る必要がある。本レポートでは、保育者が総合的な表現を身につけるためには日常的にどんな
    事に心がけたらよいのか述べる。
    保育者自身の感性を磨..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。