慶應通信レポート哲学’15

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数47
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    知識の外在主義と内在主義についての合格レポートです。
    どなたかの参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     知識とはどのようなものだろう。伝統的にそれは、「正当化された真なる信念(justified true belief,JTB)」とされてきた。
     この主張は次のように表わすことができる。
     1、SはPを信じる。
     2、Pは真である。
     3、SはPを信じる正当な理由を持つ。
     これによって、命題Pは主体Sの知識「正当化された真なる信念」であると言える。
     しかし、この分析に対しゲチア(Edmund Gettier,1927-)は、「正当化された真なる信念でも知識と呼べないものがある'Is Justified True Belief Knowledge?',Analysis,1963,Vol.23,121-23)」と指摘した。⑴
     例えば、
     スミスとジョーンズは、ある会社の面接に来た。そして、スミスは「ジョーンズが採用され、かつ、コインが10枚ジョーンズのポケットに入っている。」という事実を知っている。スミスは「採用されるのは、コインがポケットに10枚入っている者だ。」と信じている。だが、この時実際に採用されるのはスミスであり、スミスのポケットにはコインが10枚入っていた。この事実をスミ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。