S8105 理科教育法Ⅱ 2018年 科目最終試験6設題 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,474
ダウンロード数80
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S8105 理科教育法Ⅱ 科目最終試験 解答です。合格済です。覚えやすいようにキーワードごとにまとめました。
    テキスト以外にも様々な参考文献にて、見解を深めました。

    キーワードを赤シートで隠せる様に、赤文字に変えました。
    プリントアウトして、そのまま勉強できるので。
    手間がいりません。

    お役に立てると嬉しいです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    S8105 理科教育法Ⅱ 科目最終試験
    「検証のための実験」と「確証のための実験」の違いは何か。授業展開を示して解説せよ。
    赤インキ
    ガラス管
    第四学年「空気の温度とかさ」の授業例を述べる。
    水槽
    「確証のための実験」では、
    ①本時の目標として、空気を温めたり、冷やしたりするとき、
    そのかさは、どうなるのかを実験して調べる事を告げる。
    ②セットした装置の水槽にぬるま湯を注ぎ、変化を観察させる。
    ③実験後、湯を注いだときは赤インキが上昇し、冷水を注いだ時は、下降したという結果を報告させる。
    ④最後に、「この結果から何がわかりましたか」という発問によって
    「空気は温めるとかさが増え、冷やすとさかが減る」という結論を得て授業を終える。
    ウレタンの栓
    ペットボトル

    空気
    「検証のための実験」では、
    ①授業の冒頭で教師が、ウレタンの栓をした
    ペットボトルをいきなり湯の中につける。
    ②しばらくすると栓がポンと音を立てて飛び上がる。
    ③これを見た子供は「あれ なんだろう!?」と疑問をもつ。
    つまり、子どもに問題喚起し問題把握させるのだ。
    ④そして、次に子供はその現象の原因予想をする。
    そこで、教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。