Q0107 地理学 科目最終試験 6題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数165
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Q0107地理学の科目最終試験6題セットです。
    2016年に80点で合格しました。

    科目最終試験の作成においては「段落をはっきりさせて分かりやすくまとめること」、「教科書に基づいて書くこと」、「最低でも800文字以上でまとめて解答用紙の7~8割は埋まるようにすること」を意識していました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理学
    ➀中国の「一人っ子政策」について説明し、さらにその弊害を述べよ
    中国政府は人口増加を抑制するために1979年から「一人っ子政策」を導入した。その内容は晩婚(法定婚姻年齢の男22歳、女20歳を3年以上遅らせること)、晩産(女性は24歳を過ぎて出産すること)、少生(都市は子ども1人、農村2人、少数民族は都市2人、農村3人)、稀(出産期間を3~4年あけること)、優生(子どもの質を高めること)である。そして、第一子をもうけた夫婦が2人目を産まないと宣言して「一人っ子証」が交付されると、子が14歳になるまで毎月5元の奨励金が支給される。また、「7優先」といって保育・入学・医療・就職・物資・住宅・年金に特典が与えられる。なお、こうした計画出産に従わない者は罰金として月10%の賃金がカットされる。
    「一人っ子政策」は1980年に正式に国策軌道にのったが、1984年には分数思想が出され、各地方の実情にあわせて第二子出産を許可する緩和修正策が打ち出された。なお、2013年以降は全国で都市部においても2人まで認められるようになった。そして、以上のような内容を持っていた「一人っ子政策」であったが、2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。