Z1118 レポート 教育相談の研究 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数17
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私のレポートの多くは教科書とインターネットのみで作成しており、参考文献を用いたものは末に記載しております。評価はAが多く、不合格になったことはありませんので安心してください。
    先輩・後輩・友人たちとレポートや試験のことを対策できる四年制大学とは違い、通信教育は孤独や情報不足との戦いだと思います。そこで是非当資料を参考にしていただければと思いました。丸写しにすると罰則?があるようなので、あくまで「この程度が合格基準なのか」ということを測るものさしとしてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    カウンセリングという言葉が世に出始めた20世紀中頃では、それは必ずしも知識や技術が求められるようなものではなく、「日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をする」という役割を担っていた。つまり、初期のカウンセリングは自己の洞察を深め、人格の統合を目指した手段であったため、学術的な理論による裏付けは必要でなく、相談を受ける個人に資質や豊かな経験があれば誰にでもできると考えられていた。しかし、近代になり社会構造が複雑化したため、カウンセリングに求められるものも多様化し、素質や経験だけでは対応できなくなった。そして一定の知識や技術が導入されるようになり、今日のカウンセリングへと発展を遂げるのである。
    現代のカウンセリングは「治療的カウンセリング」と「発達援助的カウンセリング」の2種類に分けられる。前者は専門的な知識や技術を用いて病識を持った患者の症状や病気を治療するものである。一般的なカウンセリングとしてイメージされるのはこちらかもしれない。後者は子どもの人格(心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。