Z1117 レポート 教育方法学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私のレポートの多くは教科書とインターネットのみで作成しており、参考文献を用いたものは末に記載しております。評価はAが多く、不合格になったことはありませんので安心してください。
    先輩・後輩・友人たちとレポートや試験のことを対策できる四年制大学とは違い、通信教育は孤独や情報不足との戦いだと思います。そこで是非当資料を参考にしていただければと思いました。丸写しにすると罰則?があるようなので、あくまで「この程度が合格基準なのか」ということを測るものさしとしてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    《知識伝達を重視した授業》
     従来の「知識伝達を重視した授業」とは、教師が生徒に一方的に知識を注入し、伝達していくという「教師主導の授業」であると言い換えることができる。この「教師主導の授業」は、知識を教えるという点においては効果的であるものの、それと同時に「教えられる」という態度をも育ててきたという側面を持ち、その結果として「教えられなければ学ばない」という受身的な学習態度を形成してきたとも考えられる。
    《主体的な学習を基本とする授業》
     評価に対して「主体的な学習を基本とする授業」とは、生徒が主体的に学ぶことを重んじる授業であり、「学習者主体の授業」であると言い換えることができる。なお、生徒が主体的に学びを行っていくには教師自身が生徒個人の内面に働きかけ、学びに対するモチベーションを高めることが必要である。また、主体的・意欲的な学習を喚起するには課題意識を持たせ自己の目標を明らかにさせることが特に有効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。