保育内容総論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    なぜ、子どもの遊びが大切で5領域から捉えることが重要なのかをまとめました。また具体的な活動の中に含まれる5領域のあり方と相互作用について着目しました。A評価です。「設題に対する適切なレポート内容です。」との評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    何故、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えるのか、その意義と問題について述べよ。
     1.はじめに
    子どもにとっての総合的活動は、「遊び」のことである。子どもたちは日常生活の遊びを通して、様々なことを学び成長していく。子どもの遊びにおいては、子どもが楽しさを味わい自主的且つ意欲的に活動できる内容であること、子どもの視座に立ち関心・興味に沿った内容であること、その活動やシーンごとに材料や道具を追加すること等が求められる。子どもたちは遊びから、身体を動かして汗をかく気持ちよさに気づいたり、自分で考えて判断する力や発想力を豊かにすることができる。さらにグループ遊びでは、友達と遊ぶことで人との関わり方を学ぶ。また、ルールや規則を守ることの重要性や楽しさを知ったり、人の話を聴き自分の想いを伝えるといったコミュニケーション能力や協調性を身につけ、社会性が養われていく。このようなことから遊びは、子どもの心身の成長と社会性を身に付けるために必要不可欠と言える。また、子どもの遊びは5領域から捉えることに意義がある。これから、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えることの意義を、具体的な遊びを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。