こども学概論 豊岡  設題2 「ストレス」とは何かを定義し、ストレスから病気へ進む仕組みを説明してください

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数111
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2017年度に提出し、一発合格したレポートです。
    豊岡短期大学通信教育部
    良くかけている(A)
    ・指定された文字数を満たして書かれている
    ・課題を理解し、要点を落とさずにまとめられている
    ・正しい文法で、開業など文章が通じやすい表現を心がけている
    ・ストレスを定義している
    ・ストレスを生む様々な症状を挙げ、ストレスから病気を進む仕組みの説明について、時bンの考えを入れながらまとめている
    ・保育の専門家として、乳幼児の特質にふれ、「こども」のストレスにどう対応していくのか、養育者の対応を含め自分の考えを入れながらまとめている
    ・教科書以外の専門的な信頼性の高い参考文献(資料)も参考にしながら作成している。

    ☆講評☆
     とても良いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 「ストレス」とは何かを定義し、ストレスから病気
    へ進む仕組みを説明してください。保育の専門家として、ス
    トレス症を訴える「こども」たちとどのようにかかわるのか、
    また、心の疲れが体に表れぬよう、日ごろからどのように「こ
    ども」と接するか養育者への対応を含めて私見を述べてくだ
    さい。
    ストレスは、工業用語で「圧力」や「ゆがみ」を意味する
    言葉で心理学では、外からの刺激(ストレッサ―)に対する
    心と体の反応を指す。丸いボールを心の正常な状態と考える
    と、それが指で押されてへこんだ状態がストレスになる。
    大きなストレスが加ったり、ストレスを受ける状態が長く
    続いて、ストレスがその人の耐えられる限界を超えてします
    と、心や体に異変が現れてくる。
    親に怒られた、友達に裏切られた、教師にひどいことを言
    われた・・・等不快なストレスに見舞われると、我々の身体
    は、次のような変化を見せる。まず、現れるのが、不安、怒
    り、失望、恐怖等の感情である。これを「情動変化」と言い、
    それに引き続いて、動機、冷や汗、震え、息苦しさ等の「身
    体反応」が現れる。そして、今度はそれを解消しようとして
    せ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。