S0536_人権(同和)教育/2017年/A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数103
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定いただきました(とくにまとめ方,設題への答え方が高評価でした).2017年提出分です.
    すべて自力で書いたオリジナルの内容です.
    お忙しい方,難しくて参考にしたい方におすすめです.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    同和教育史(1),(2)
     まず、50年に及ぶ同和教育史を概観する。そもそも、「同和教育は同和問題を解決するための教育の営みの総称である」と言われている。「同和問題を解決するための営みの総称」には、「同和問題を解決するための『教育以外の取組』」も含んでいる。教育以外の取組には、部落解放運動や、同和行政があたる。
     そもそも日本国憲法では、基本的人権の尊重を明言しており、何人たりともその権利を害されることがあってはならない。しかし、現在に至ってなお、日本に一切の差別がないわけではない。例えば、近年声高に叫ばれるようになった男女差別の問題も解決はしていない。さらに、在日外国人への差別、障害のある市民への差別などもまだまだ解決すべき課題が残されている。忘れてはならない問題として、部落問題もある。部落問題は、「被差別部落の部落民だけの問題」では決してない。(ここで、「部落民」とは、「歴史的・社会的に形成された被差別部落に現在居住しているか、あるいは過去に居住し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。