社福レポート13(介護保険制度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数53
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座(通信課程)評価Aレポートです。
    レポートタイトルにふってある番号は教科書番号(新・社会福祉士養成講座:中央法規)になります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障における介護保険制度の目的と理念を整理し、現行制度の問題と課題についての考察を行なった。
    最初に現行の介護保険制度の目的と理念を整理した。
    まず、制度の目的を整理して次の5つとした。①それまで家族に依拠してきた高齢者介護を、社会連帯の精神によって社会全体で支えていこうとする「介護の社会化」の目的。②基本的に行政処分であった措置制度を、社会保険制度へと大きく転換し、サービス利用者と提供者が対等な関係に立って自由にサービスを選択、決定していく「利用契約制度の仕組みを目指す」目的。③それまで、介護を必要とする高齢者を支える仕組みにおいて、介護負担やその手続き、費用負担などが保険・医療・福祉と分立していたものを「統一して提供する仕組みへと変更する」目的。④措置制度の中で、競争原理が働かず、サービスの向上が図られにくかった状況に変化を持たせるため、民間企業やNPOなども介護サービス事業者となれるようにして、サービス提供側の間口を広げていく「競争原理の導入によるサービス向上をはかる」目的。⑤それまで、一部にはケースマネージメントの考え方が取り入れられていたものの、全体的にはケアワーカーの経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。