A評価 音楽基礎Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数18
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。
     クラシック音楽は主に西洋で発展し、非常に歴史が長い芸術音楽である。音楽様式、時代背景などから「バロック時代」「古典派時代」「ロマン派時代」「近現代」に分類される。各時代の特徴、代表的な作曲家、保育・教育等の現場でのクラシック音楽の活用を考察したい。
    1.バロック時代(1600年ごろ~1750年ごろ)
     バロックとはポルトガル語で「歪んだ真珠」を意味する「Barocco」という単語に由来する。バロック以前は、声楽音楽が栄えたが、バロック時代にはオペラなどの歌劇音楽が誕生した。これに伴い、ピアノやヴァイオリンなどの器楽の進歩により本格的な器楽音楽が完成したといわれている。バロック時代では、王や貴族が自己の権力を周囲に誇示する(宮廷で披露する)為の曲を作曲家達は主に作った。
    【バロック時代に代表される作曲家】
    ①アントニオ・ヴィヴァルディ
     彼の作曲した音楽に「ヴァイオリン協奏曲第4番ヘ短調作品.8-4≪冬≫より第2楽章:Largo」がある。この曲はヴァイオリンの伸びやかな音色が爽やかな朝を連想さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。