明星大学 道徳教育の指導法(小学校) 1・2単位 合格レポート(2017)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数502
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 道徳教育の指導法(小学校) 1・2単位 合格レポート(2017)2018対応

    レポート提出や科目終了試験の際に参考にしていただければと思います。


    ◯PB3070道徳教育の指導法(小学校) 1単位、2単位 合格レポート(2017) 

    1単位目
    1.現行の「小学校学習指導要領」における道徳教育の考え方について説明せよ
    2明治から昭和20年まで道徳教育の変かんについて要点をまとめよ


    2単位目
    学校5、6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。
    なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。


    参考文献
    「道徳教育の指導法(小学校)」・佐々井利夫ほか著・明星大学出版部

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3070道徳教育の指導方法
    1単位目
    1現行の「小学校学習指導要領」における道徳教育の考え方について説明せよ
    (1)平成20年度より実施された小学校指導要領で、道徳教育は一層重視され、学校教育にお
    ける道徳教育は道徳の時間を要として行うこと、道徳推進教師を中心に展開することなど、多く
    の改訂があった。
     まず道徳教育の目標としては、教育の根本精神に基づき、人間尊重の精神と生命に対する畏敬
    の念を家庭、学校、その他の社会における具体的な生活の中に生かすこと。そして、豊かな心を
    持ち、伝統と文化を尊重しながら、それらをは具組んできた我が国と郷土を愛し、個性豊かな文
    化の創造を図るとともに、公共の精神を尊び、民主的な社会及び国家の発展に努める。また他国
    を尊重し、国際社会の平和と発展や環境の保全に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成す
    るために、その基盤としての道徳性を養うということである。つまり、学校の教育活動全体を通
    じて、道徳的な心情、判断力、実施意欲と態度などの道徳性を養うことである。
     上記の目標を達成するために学校では、「道徳の時間を要しながら」学校教育活動全体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。