台湾の人々のアイデンティティー

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    某国立大学の講義で秀をもらいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際関係史
    (
    中国
    )Ⅰ
    台湾ナショナリズム
    台湾独立と中国
    はじめに
     
    台湾には日本の台湾統治時代に教育を受け日本語を使い日本を愛し日本の為に戦争に行
    き戦った者たちが多数いた。以前私が観たテレビ番組の中で日本語を話し、君が代を歌い日
    本が大好きで日本の統治時代はとても良かったと話す日本の教育を受けた年配の男性の姿、
    私は自分自身のことをまだ日本人であると思っていると語る女性の姿があった。また、以前イン
    ターネット上で台湾に住む人々と会話をする機会があり、私が台湾は
    1
    つの国であるかと聞く
    と皆が口を揃えてもちろん台湾は
    1
    つの国であり、中国ではないと答えた。もちろん台湾に住
    む人々全員がこう考えるわけではないので、安易に一般化するのは良くない。今まで何
    な国のなった台湾はとてもである。そんな台湾に住む人々のティ
    ティーと台湾独立について考ていきたい。
    台湾と台湾ティティー
    1988
    年に台湾となってから、会の自がにり、その結
    つてのであったつの中国らつの中国、一つの台湾た。その
    統のがり化大きな一、そのでした

    を化のためにをし、人だった台湾本の的
    がし台湾では自らを国人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。