日大通教 商品学 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通教 商品学分冊1 平成29・30年度報告課題合格リポートです。
    【課題】現代商品の品質構造について考える
    【参考web】
     日経ビジネスオンライン
    (http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/061300045/061400002)
        違いは?ネット
    (http://違いは.net/archives/3850.html)   
    【評価】「ケースを踏まえた分析が良い」との評価を受けました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代商品の品質構造を考える
    ~IQOS(アイコス)について~
    IQOSは、フィリップモリス製の加熱式のタバコ製品である。日本では2015年に発売され、いわゆる電子タバコに分類される。
     海外では徐々にシェアが広がっている電子タバコだが、日本での歴史は浅い。2008年頃から海外製品を購入するケースが多くなりはじめ、2013年に日本たばこ産業(JT)が「プルーム」の販売を始めた。「プルーム」は、それほどの売り上げとはならなかったが、2015年に発売されたiQOSは、ヒット商品となり現在も品薄の状態が続いている。
    電子タバコは火を使用しないで電気を使用するタバコである。普通のタバコは火をつけてタバコという植物の葉を燃やした煙を吸うが、電子タバコでは火は使わず電気で熱するという違いがある。
    IQOSは火を使わずに加熱することで蒸気を吸い込み、香りや味を楽しむ構造となっている。IQOSを含め、電子タバコを使用するメリットは、「喫煙者の健康面での安全」「お金の節約」「受動喫煙の被害減少」「火を使わない点」などが挙げられ、逆にデメリットとしては「長期的な健康被害が不明な点」、「電気使用に伴う事故のリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。