慶應通信 地理学Ⅱ 合格レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,084
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    慶應通信 地理学Ⅱ 合格レポート

    お題
    「地震に関する被害想定やハザードマップがインターネット上で続々と公開されている。こうした地震災害の状況や予測における、地図というメディアの役割や効果、課題について論じなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理学Ⅱ(地誌学)(E)
    地震に関する被害想定やハザードマップがインターネット上で続々と公開されている。こうした地震災害の状況や予測における、地図というメディアの役割や効果、課題について論じなさい。

    インターネットの普及と科学の進歩に伴い、デジタル媒体を介してインターネット経由で様々な情報を瞬時に得ることができる時代になった。例えば一昔前であれば手紙で情報を伝えるのに数日かかっていたものが現在はメールで数秒から数分程度しか時間を要さないのである。評判の良い美味しい店を探すのも書店まで行って雑誌でわざわざ調べるのではなく、インターネットの接続環境があるところであればWebサイトへアクセスして、検索するだけで直ぐに調べることが可能になり便利である。このように日常生活において、インターネットはなくてはならないものになったが、地震等の自然災害時の活用においても非常に便利である。本論では地震災害の状況や予測における地図というメディアの役割や効果、課題について考察することとする。
    役割と効果
    まず、インターネット上では地震に関する様々な情報が公開されているが、その中にハザードマップ1*がある。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。