日本大学 通信教育 『経済学』 S評価レポート H29-30 分冊1,2経

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数544
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    経済学のS評価レポートになります。ご自身のレポートのご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【分冊1】
    完全競争企業(以下.企業)とは、完全競争市場に参入している企業のことをいい、下市場の価格を
    受け入れる存在のため、プライステーカーといわれる。
    企業は利潤が最大になるように生産量を決めているが、利潤は総収入から総費用(機会費用も含む)
    を引いたものとして説明できる。
    企業の短期の最適産出量の決定方法について、以下で順を追って論じる。
    1 完全競争市場とはなにか
    消費者や生産者(企業)一人ひとりが市場に対して影響力を持たない市場のことをいう。
    例えば、ある消費者がその品物を大量に消費する場合、その消費者の意向が市場に影響されることが
    あるが、消費者の意向が反映される市場は完全競争市場とは言わない。市場が完全競争市場であるため
    には、次の4つの条件を満たす必要がある。
    ・供給者(企業)・需要者(消費者)ともに多数存在
    ・商品は同質(差別化されていない)
    ・市場の参入・退出は長期的には自由
    ・取引に必要な情報は完全
    つまり、販売する商品、提供するサービス等の値段は決まっており、企業・消費者ともに多数存在す
    る市場のため、企業は収入と費用から最適の産出量を決め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。