日大通信H29.30年度 商品学 分冊2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数132
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    H29.30年度の合格レポートです。参考程度にお使いください。<課題>日本の百貨店について論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 商品学 分冊 1
    横書解答
    現代商品の品質構造を考える
    -○○○○○○について- ※必ず、各自でサブタイトルの○○○○○○を確定すること。
    <ポイント>
    現代商品の品質がどのような構成から成立するのか、モノ性・情報性・サービス性にわたり議論が提
    示されること。
    <キーワード>
    一次品質、二次品質、三次品質、市場性、社会性
    ―成熟社会における商品の価値について―
    商品とは、市場で流通しているすべてのもののことを指し、生産者に収益を与え、購入者に便益や満足
    感を与えるものである。商品の種類は、有形の物財に限らず、無形のサービスや、情報、権利なども含ま
    れる。
    現代は物質的に豊かな成熱社会であり、消費傾向も物的欲求にとどまらず、精神的・個性的な充足まで
    求めるものとなっている。したがって、現代社会では、消費者が商品を選択するにあたりその品質が重要
    な判断材料となる。商品の品質とは、消費者が商品から満足を得る質的な評価のことであり、3つの段階
    があるとされる。まず、その商品の実用性(「機能」と、その程度を示す「性能」に区分される)である
    一次品質。次に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。